午前3時の泥棒猫

解像度300dpi? or 350dpi?

雑誌掲載の場合で、印刷会社によって、解像度が350dpiのところと300dpiのところがあるのですが、どうしてでしょうか?
http://blog.ddc.co.jp/mt/hatena/archives/20070411-184900.html

Q:
雑誌掲載の場合で、印刷会社によって、解像度が350dpiのところと300dpiのところがあるのですが、どうしてでしょうか?
A:
これは実際の所あまり意味はありません。
よく言われているものとしてはアメリカでは150lpi(150線)が主流だったので300dpi、日本では175lpi(175線)が主流なので350dpiというものです。
実際にAcrobat DistillerのPress用設定ではダウンサンプルの値として、300ppiが設定されているのを見ることができます。
また、一般的には「線数×2の解像度」が適切と言われております。

以上の話から、あまり議論はなされずに、画像は300~350dpi程度で良いだろう、という流れになり現在では300dpi・350dpiという解像度が語られるようになったのではないかと思われます。
ただ、では350dpiあればどんな内容のものでもOKかといえばそうとも言えず、エッジがはっきりした画像には350dpiよりも400~600dpiの画像の方が印刷として適している場合もあります。
画像の内容によって適切な解像度を選択していくことでより品質の高い印刷物の作成が可能になるのではないでしょうか。
(もちろん解像度、使用サイズに応じたシャープネスも非常に重要な要素です)
[PR]
by boomee | 2009-08-17 16:19