午前3時の泥棒猫

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

静かな絵

ベテランの話を聞いて
なんだかつまんない気分になっちゃいました。

今、絵描きを目指す人たちの立場に立てば
その世代は、既存のマンガやアニメの影響を受けています。

それを創作に活かすことは悪い事ではないと思うのだけど
その先生は全否定。
つまりは、

創作のバリエーションの無さ。

オリジナリティの欠如。

…これらを憂いていると見受けました。

いわんとすることは解りました。


招いた先生の講義が終わり、
質問の時間になって、生徒さんたちは口ごもりました。
痛いところを突かれてショックだったのか?とも思ったので、
あえて聞きました。

「マンガ、アニメからの影響を受けた現在から
どうやって次のステップに移ったら良いか?」

おおむね、
「先人の作り上げたイラストレーション、絵画、彫刻、芸術に触れろ」
といった内容のお答えを頂きました。

うん。
まさにそうでしょうね。
勉強が足りない、と言われれば否定はできません。

…けれど、何かが腑に落ちません。

時代は変わり、創作の方法も変わっていきます。
人が求めるものが変わっていきます。

はたして、じゃあ、今。
なにが欲されているのか?

ビジネスで考えたら、使いやすさ、見た目の心地よさなど
条件に当てはまるものは思い当たります。
それは必要以上に熱の籠っていない作品かも?と
思っています。

アートではない。
ましてや、落書きでもない。
クライアントが求めて、受け手が求めるもの。
それは、饒舌なものより、寡黙で余地のあるもの?
なのでしょうか。

その先生の作品は、研ぎすまされてシンプルであり
しずかな表情をした人物や、物音の聞こえない風景を
描かれています。

今、観たい絵。使いたい絵。そばにあって欲しい絵。
それはなんなのでしょう?

大きな課題を提供して頂けたようです。


これは自分の思った事。

絵描きにどんなに技術や情熱があったとしても、
機会や時期が合っていなければ、活躍はできません。
なにより
せっかくの機会に応えるだけの力が備わっていないのは
致命的で、可能性が霧散していきます。
ビジネスで絵を描くなら、何かの法則に則らねばなりません。

それを実践してきた人なのだな、先生は。



才能のある人が、
一度、良いタイミングに出くわせば
その後は、順風満帆?かもしれません。
いえいえ、
計り知れない苦労をされたのかもしれません。
ただ、理解が難しい、だけだったりして。

人を導く姿勢は、その教師の質によって
全く違うと思います。

かのベテランである先生は、自分のやり方に自信を持ち
その方法を信じていらっしゃる。
とても素晴しい境地に立てたんだ、と思います。

やっぱりそれは、羨ましいなあ!!(笑)
[PR]
by boomee | 2009-01-25 01:35 | やかんこうし日記

男の子が女の子に惚れる時 WALL・E

b0158550_1173867.jpg

「ウォーリー」観た。

イーブァを抱きしめてみたいね。丸いね。つるつるだね。
ipodをデザインした人が、イブのキャラクターデザインをしたんだって。
自分、iPod、いまだ持ってないけどさ。やっぱ買うべきか。
ソニーのウォークマンが気になって仕方ないけど。
Appleからイブ型がでたら買う、かも。
ああ、これソニーのローリーぽいな。やっぱいらない。


イブが地球に捜索にやってきて早速、任務にとりかかる。
カッチョよく、岩や地べたをスキャン、サーチ。
見切りをつけて、ふんわりと飛び上がり、やがて
どーん!と音速を超えて飛んでいく姿。

生真面目で、どんくせえモテない野郎君のウォーリーは
一発でその姿に惚れる。

わかるなあ。
(モテない)男の子が女の子に惚れる瞬間。
妄想で膨らました「手を繋ぐ」を実現したい。
ああ。



子供の頃に観たり聞いたりしたSFは
未来は絶望に満ちていて、シニカルな物が多かった。

「赤ちゃんよ永遠に」「ローガンズラン」
「サイレントランニング」「THX1138」「猿の惑星」…

管理社会からの脱出、破壊と廃墟、理想が叶わない絶望感、
その感じがキッズであった頃の精神の成長と停滞に
シンクロしていたね。

引きこもることで折り合いをつけるしかない幼さは
情報とテクノロジーで世界に向かおうとする。
が、それも幼くて脆い。
はがゆくも懐かしい。

いつかロボットになりたい私ですが、
もちろんメーテルは現れず、自分で機械化するしか無いから
こうして毎日、とりあえずパソコンの起動音を立てて、今日を生きる。

死ぬまで。

ジャーン。ジョブスに敬意を(笑)。
[PR]
by boomee | 2009-01-07 11:45 | 感想

倍にする

倍、動くこと。

倍、描くこと。

無駄を半分にすること。

こういうことだ。
[PR]
by boomee | 2009-01-02 23:27

コミックマーケット視察

春海の国際展示場で開催されていたコミケ。
生まれて初めて、行ってみました。

正直、どんなディープな世界が展開してるのか?と
戦々恐々としてた(笑)

だって商業とは無縁?の、
アマチュアならではの創作が観られる?
コアな部分に突っ込んでモノ作りに励んでいる姿が
垣間見られるなら貴重ですから。

が、それゆえに期待は膨らむけど、
外された時のがっかり感も想像できる。
だからおびえていたのかな。

待ち合わせた生徒さんとやっとの思いで出会い、
スクラムを組んで、いざ会場入り。

ものすごい人出。

オリジナル?のマンガ本が机に積まれて、
売り子の人たちがどっかりと腰を降ろしている。

萌えキャラのポスターが立ち並び、
キラキラした女の子キャラが
パンツ見せてる絵の、大きな袋を抱えて歩く人も。
目のやり場に困る。

ざっくりと歩いてみたけど
大概が

「みーんな綺麗で可愛くて、そこそこ上手くて、似てる、つか…同じ?」

…な、印象でした。

いや、まだ表面ツラを軽く見渡した、だけだと思いたい。
けど、それを知るにはスタンス的に無理。

だって、体力が追いつかないですよ(笑)

コミケ本ソムリエがいればいいのにね。

b0158550_2343022.jpg

頑張ってみたけどこの程度。
[PR]
by boomee | 2009-01-01 06:58 | やかんこうし日記

謹賀新年 2009

b0158550_4452413.jpg


謹賀新年
あけましておめでとうございます。

人生いきあたりばったりですが
なんとか昨年は生き延びました。
今年もそのノリで行ければ良いかと願いますが、
どうでしょうか。

楽しくやりがいのある仕事ですが
実際、それだけで食えるわけもないし
なにより
絵描きのスタンスを続けていければいいなと
願うばかりです。
[PR]
by boomee | 2009-01-01 04:45 | 絵描きのあれこれ