「ほっ」と。キャンペーン

午前3時の泥棒猫

カテゴリ:感想( 4 )

とりまくものが作品。

b0158550_2471266.jpg


仲間のイラストレーターが個展を開いた。

ちょっと毛色の違う展示。

彼女は自分が描いたイラストのシチュエーションを
自らモデルとなって衣装を纏い、写真を撮った。

これが、とても良かった。

自分の佇まいを含めて、作品としている。

なにより感嘆するのは、彼女をとりまく人たちの姿。
着付けやカメラマン、モデル。
それぞれがアーティスト。作家。
そんな人たちが結束した。

作家には自分を押し出すばかりの、やや、やっかいな人種が多いがw、(私のことかw)
今回は彼女のために集い、協力し、作品作りを手伝っている。

彼女の人柄なのだろう。

確かに、彼女は分け隔てない人との関わり方をするし、
話題も豊富だし、なによりも実直だ。
見た目も古風で美しい顔立ちで、観ていて飽きないぐらい。

そんな彼女の凛とした創作に協力を求められれば、
大概の人が首を縦に振りそうである。

パーティにはたくさんの仲間たちが集い、皆一様に彼女を祝う。

素晴しい空間だった。


作品で判断するだけではないものがそこにあった。
つまりは、彼女自身と彼女をとりまく仲間を含めたムーブメントが、
いわば、彼女の作品なのだ。

存在、関係、空間、瞬間。
それらがすべて、アートとして成り立つ。
機会さえ掴めば、大きく羽ばたきそうな伸びしろを感じる。

そんな作家さんに羨望を憶える。
乾杯。そして完敗だ。
心地よい敗北感だ。
[PR]
by boomee | 2010-06-09 02:49 | 感想

男の子が女の子に惚れる時 WALL・E

b0158550_1173867.jpg

「ウォーリー」観た。

イーブァを抱きしめてみたいね。丸いね。つるつるだね。
ipodをデザインした人が、イブのキャラクターデザインをしたんだって。
自分、iPod、いまだ持ってないけどさ。やっぱ買うべきか。
ソニーのウォークマンが気になって仕方ないけど。
Appleからイブ型がでたら買う、かも。
ああ、これソニーのローリーぽいな。やっぱいらない。


イブが地球に捜索にやってきて早速、任務にとりかかる。
カッチョよく、岩や地べたをスキャン、サーチ。
見切りをつけて、ふんわりと飛び上がり、やがて
どーん!と音速を超えて飛んでいく姿。

生真面目で、どんくせえモテない野郎君のウォーリーは
一発でその姿に惚れる。

わかるなあ。
(モテない)男の子が女の子に惚れる瞬間。
妄想で膨らました「手を繋ぐ」を実現したい。
ああ。



子供の頃に観たり聞いたりしたSFは
未来は絶望に満ちていて、シニカルな物が多かった。

「赤ちゃんよ永遠に」「ローガンズラン」
「サイレントランニング」「THX1138」「猿の惑星」…

管理社会からの脱出、破壊と廃墟、理想が叶わない絶望感、
その感じがキッズであった頃の精神の成長と停滞に
シンクロしていたね。

引きこもることで折り合いをつけるしかない幼さは
情報とテクノロジーで世界に向かおうとする。
が、それも幼くて脆い。
はがゆくも懐かしい。

いつかロボットになりたい私ですが、
もちろんメーテルは現れず、自分で機械化するしか無いから
こうして毎日、とりあえずパソコンの起動音を立てて、今日を生きる。

死ぬまで。

ジャーン。ジョブスに敬意を(笑)。
[PR]
by boomee | 2009-01-07 11:45 | 感想

あの海を思い出す。

b0158550_1955445.jpg


前回の展示(ミレイ)に続いて、ワイエス展を
渋谷文化村に観に行きました。

---------------------------------------------------------
アンドリュー・ワイエス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth,1917年7月12日 - )は、20世紀のアメリカの画家。
 ワイエスは、アメリカン・リアリズムの代表的画家であり、アメリカの国民的画家といえる。日本においてもたびたび展覧会で紹介され、人気が高い。1917年、ペンシルヴァニア州チャッズ・フォードに生まれる。心身ともに虚弱であったワイエスは、ほとんど学校教育を受けず、家庭教師から読み書きを習った。絵の師は著名なイラストレーター(挿絵画家)であった父親(N.C.ワイエス)である。ワイエスは自宅のある、生地チャッズ・フォードと、別荘のあるメーン州クッシングの2つの場所以外にはほとんど旅行もせず、彼の作品はほとんどすべて、この2つの場所の風景と、そこに暮らす人々とがテーマになっている。
代表作「クリスティーナの世界」に登場するクリスティーナは、ワイエスの別荘の近くに住んでいたオルソン家の女性である。生来病弱で孤独に育ったワイエスは、この、ポリオで足が不自由な女性が、何もかも自分の力でやってのける生命力に感動し、出会いの時からその死まで30年に亘ってこの女性を描き続けた。
近年、日本でも公開されて話題になった「ヘルガ」のシリーズは、自宅の近くの農場で働いていたドイツ系のヘルガという女性を、人知れず、240余点もの作品を15年に亘って描きつづけたものである。
1963年には大統領自由勲章を、同年に全米芸術賞をそれぞれ受章、受賞している。
---------------------------------------------------------

習作を一杯重ねて、本番用の絵に取りかかっていたことを知り、
自分が絵を描く時に、はしょりがちなことにきづく。
つまり、すぐに完成品を作ろうとする、そのあわてんぼうぶりに
ちょっとまてよ?と思ったり。

91歳。まだ生きていたことに驚きつつ(失礼)
孫娘さんのインタビューに答える作家さんのVTRを観た。
どんなに疲れていても、心の琴線に触れた物を絵に描き留める作業に
取りかかるものだ、と。

ちょっと眠いとか、仕事で疲れた、とかでつい筆を投げ出しがちなのが私です。
巨匠と比べてどうする?とは思うけど、曲がりなりにも絵画を志した自分としては、
…ああ、恥ずかしい。

ヒントをもらえました。

要は、普段暮らしていて、ふと気になることが目に写ります。
それを絵にすることを繰り返すこと。
自分の目線を大事に、カタチに変えること。
生きる煩雑さについないがしろにする、日々の発見を大切にして行けば
やがてそれは「作品」になりえる、ということ。

帰りがけ、女の子の面白い髪型や、信号機の色を照らすバス停の椅子や
街頭の光の具合とかを意識しました。
ああ、なんだ、絵のモチーフはそこかしこにあったんですね。
[PR]
by boomee | 2008-11-15 02:04 | 感想

芸術とやらを考えてみる

b0158550_157284.jpg

横浜で開かれていた現代アートの展示を観に行った。

自由にあるがままでいられる、表現できることは貴重だ。

それを凡人が、なし得ようとすることは難しい。
経済的にも、社会的にも、孤立無援に陥るんじゃないか?と
妙に怖くなる。

それでも、造形や描写をしている人がいるから
こうして作品が存在する。

そして、その作品を目の当たりにした観客は
心を動かす。

心が動かないものもあるのだけど、
ちゃんと鎮座してるということは
この作品に誰か(キュレーター?)が感動、したのだろう。
理解は難しいが、たぶん、観るべきところは
物体化した作品ではなくて、コンセプトなんでしょうね。
なぜ、これが、こうあるのか?
何を感じろというのか?
饒舌に語るか、放り投げてくるか。

観るものの心構えが必要なものは
やっぱり「理解不能」なんて片付けられちゃうのかも。

作家の立場とすれば
作品を作るという「そうしなきゃいられない」境遇は
どんなものなのだろうか?と想像してみる。

個人的には、そこには恐怖しか感じない。
故に凡人で良かった、とも。

なんか、がっくりうなだれた。
が、美味しいごはんを中華街で食べて、忘れる。
[PR]
by boomee | 2008-11-03 15:47 | 感想