「ほっ」と。キャンペーン

午前3時の泥棒猫

カテゴリ:やかんこうし日記( 22 )

その2

はじめて授業を受け持った時は、色彩に関する講義だった。

色相還、対比、補色、色相心理…

これを上手く伝えられるかしら。喋りは苦手だ。

で、考えたのはパワーポイントを使う事。

映像と一緒なら、なんとかなる。
なんせ自分が学生の頃から映像使って表現しようと企ててきたんだし。

パワーポイントで資料を作り、スクリーンに映しながら、
今までの聞きかじりやネットから拾ってきたあれこれを
知ったかぶって、まくしたてればなんとかなる…か?
必要にかられて、まとめる作業になったけど
もともと自分が興味があって、なんとか理解したい。と願っていた事だから
楽しく作業できた。

かつて自分が学生だった頃の授業(何年前だw)で使った参考書や
ネットを探して拾ってきたり、古本屋で色彩検定の教科書を探したり。
単元の内容にそって50フレームほどのファイルを作った。

こ難しい話に、ちょっとした逸話をはさみこんでみた。

手術室の壁は緑色が使われている。
(血の赤の補色。目の疲れを癒す)

青い車は事故が多い。
(暖色と違って寒色は収縮して見える)

幼児は圧倒的に暖色、特に女子はピンクを好む。
(統計資料から。でも母親の部位のイメージカラーだからかも)

…などなど。

プロジェクターでスクリーンに投影しながら講義。
なかなか楽しくてよかった。

後日、内容をしっかり把握してる生徒の少なさに
ちょっとばかり肩を落としてみたが、そんなもんだろうw

b0158550_4453635.jpg
[PR]
by boomee | 2008-09-07 09:39 | やかんこうし日記

その1

さて、なんとこのボクが
講師というものになってほぼ半年が過ぎました。

春先に受けた面接。
終わった時には、採用されるとは思えなかったなあ。
学校関係者(のちに校長センセイと知るw)に、
教員免許も無くせに、ただ、子供が好きなだけなのに

「教育へ関心があります!」

なんてぶちあげてみたり。
動機として、本業が怪しいので生活の糧になればいいと思っただけ。
ああ図々しい。無責任。今思えば冷や汗ものだよ。

生徒さんを前にすれば、いまだ冷や汗ダラダラなんですよ。
なんかそれらしいことを講議すれば酸欠になりそうになる。
自分でも何言ってンのかわからなくなることもあるしさ。

最近になって友達が教えてくれたけど、オシリの穴をきゅっとすぼめることで
緊張が下半身に集中して話しやすくなるんだってさ。

早速試してみたいト思ったのであった。
[PR]
by boomee | 2008-08-02 00:22 | やかんこうし日記