「ほっ」と。キャンペーン

午前3時の泥棒猫

静かな絵

ベテランの話を聞いて
なんだかつまんない気分になっちゃいました。

今、絵描きを目指す人たちの立場に立てば
その世代は、既存のマンガやアニメの影響を受けています。

それを創作に活かすことは悪い事ではないと思うのだけど
その先生は全否定。
つまりは、

創作のバリエーションの無さ。

オリジナリティの欠如。

…これらを憂いていると見受けました。

いわんとすることは解りました。


招いた先生の講義が終わり、
質問の時間になって、生徒さんたちは口ごもりました。
痛いところを突かれてショックだったのか?とも思ったので、
あえて聞きました。

「マンガ、アニメからの影響を受けた現在から
どうやって次のステップに移ったら良いか?」

おおむね、
「先人の作り上げたイラストレーション、絵画、彫刻、芸術に触れろ」
といった内容のお答えを頂きました。

うん。
まさにそうでしょうね。
勉強が足りない、と言われれば否定はできません。

…けれど、何かが腑に落ちません。

時代は変わり、創作の方法も変わっていきます。
人が求めるものが変わっていきます。

はたして、じゃあ、今。
なにが欲されているのか?

ビジネスで考えたら、使いやすさ、見た目の心地よさなど
条件に当てはまるものは思い当たります。
それは必要以上に熱の籠っていない作品かも?と
思っています。

アートではない。
ましてや、落書きでもない。
クライアントが求めて、受け手が求めるもの。
それは、饒舌なものより、寡黙で余地のあるもの?
なのでしょうか。

その先生の作品は、研ぎすまされてシンプルであり
しずかな表情をした人物や、物音の聞こえない風景を
描かれています。

今、観たい絵。使いたい絵。そばにあって欲しい絵。
それはなんなのでしょう?

大きな課題を提供して頂けたようです。


これは自分の思った事。

絵描きにどんなに技術や情熱があったとしても、
機会や時期が合っていなければ、活躍はできません。
なにより
せっかくの機会に応えるだけの力が備わっていないのは
致命的で、可能性が霧散していきます。
ビジネスで絵を描くなら、何かの法則に則らねばなりません。

それを実践してきた人なのだな、先生は。



才能のある人が、
一度、良いタイミングに出くわせば
その後は、順風満帆?かもしれません。
いえいえ、
計り知れない苦労をされたのかもしれません。
ただ、理解が難しい、だけだったりして。

人を導く姿勢は、その教師の質によって
全く違うと思います。

かのベテランである先生は、自分のやり方に自信を持ち
その方法を信じていらっしゃる。
とても素晴しい境地に立てたんだ、と思います。

やっぱりそれは、羨ましいなあ!!(笑)
[PR]
by boomee | 2009-01-25 01:35 | やかんこうし日記